建築学校を学ぶ

建築学校とは?

建築学校に社会人が通う場合学費などを抑えることも可能

建築学校に社会人が通う場合学費などを抑えることも可能

建築学校に社会人が通いたいときは、月曜から土曜まで夕方から夜までの3時間程度の夜間の学科もあります。
色々な年齢や職業を持っている人と一緒にベテランの講師による授業が受けられて、昼間部と一緒の2年間ぐらいで卒業と二級建築士の受験資格なども取得できるので働きながら効率よく勉強が可能です。
夜間がある建築学校に通う目的は建築関係の仕事に就職したい場合が多いですが、大学で造園学や土木などを学んでいてもっと知識を得たい人や、役所や会社の営繕のために詳しく学びたいなど様々です。
社会人のために経済面でのサポートも多数用意されていて、国からの給付制度などもあります。
学費の支払いが不安で出来る限り金額を抑えたいときは昼間部よりも夜間部が良いです。
夜だと約半額程度になり、納入も分納も可能です。
さらに学費サポート制度なども充実していて、入学時にはオープンキャンパスや夜間説明会に参加した人は入学金の一部を免除してくれたり、他にもその学校独自の奨学金制度もあるので活用することが可能です。

ニーズが高まる建築学校で社会人も受けられる奨学金はあるのか

ニーズが高まる建築学校で社会人も受けられる奨学金はあるのか

リカレントという言葉が示すように、社会人の学び直しがフォーカスされています。
同時に、社会は深刻な人材不足となっています。
とりわけ専門資格を必要とする建築士や建築施工管理士の不足は深刻です。
最近は夜間に開学している建築学校が全国にあり、働きながら資格取得することも夢ではありません。
学びなおしたい理由は人それぞれです。
現在建築の仕事に就いているが、資格を取ってステップアップしたい方、フリーターであったが技術を得て専門職に就きたい方、建築以外の仕事に就いているが、地図に残る建築の仕事に興味がある方、様々です。
通学には学費が必要です。
最近は社会人も受けられる奨学金制度が充実しています。
国が母体の独立行政法人が行っていたり、民間企業が行っていたりと様々です。
奨学金を受けるには諸条件がありますので、自分に合った制度を賢く利用するために、通いたい建築学校のホームページなどで確認することをおすすめします。


Copyright © 2018 建築学校を学ぶ all rights reserved.