建築学校を学ぶ

建築学校について

建築学校の夜間部は社会人のための配慮がされている

建築学校の夜間部は社会人のための配慮がされている

これから建築業界で仕事をしていく場合や、既に働いていてもっと知識や技術を学んだり資格取得を目指すときには建築学校の夜間なら社会人でも通うことが出来ます。
2級建築士は住宅などの設計や現場管理には欠かせない資格で、建築学校だと2年間で合格を目指すことが可能で、授業は基礎から始まりますが昼間と同じ高い知識も得られるため建築家として更に学べます。
授業が開始するのは大体夕方の18時ごろからで、働いていても余裕を持って受講が出来るようになっていたり最寄駅からも徒歩数分内と通いやすい場所にあります。
卒業と同時に2級建築士の受験資格も得られて、2年生だと2級建築施工管理技術検定学科試験なども受験可能です。
カリキュラムは大変充実していて、測量実習や材料実験などの実習系の授業もあり、短期間に集中して3DCADを学習してマスターしていきます。
1年目は建築の基礎からはじめて様々な知識を身につけて、建築製図では線の引き方や住宅や店舗などの設計まで学びます。
2年目は2級建築士試験に合格するためにバランスを考えて建築知識を学び、設計課題を受けて最終段階で卒業設計に取り組みます。
卒業後の就職に関してのサポートも充実していて、建築設計事務所や建設会社、ハウスメーカーに工務店、建築リフォーム会社に不動産会社などがあります。

建築学校は夜間でもありますから社会人でも

建築学校は夜間でもありますから社会人でも

建築学校と言うのがありますが、これは夜間で授業をしていることもありますから、十分に社会人の人であろうとも学ぶ事ができるようになっています。
つまりは、学ぶと言う事において、年齢は関係ないと言う事です。
建築学校ですから、どんな事を学ぶのか、と言うのは言うまでもないことではありますが建築土木関係になります。
そこで学べる事は即戦力となるようなものであり、また資格である場合もあります。
スケジュールとしては多くは年間単位になるので通うことにはそれなりの学費を覚悟しておく必要性がありますし、場合によっては昼間に仕事をしている人は通う事ができない時間帯なども出てきてしまう場合もあるわけです。
しかし、それでも学ぶ事には意味がありますし、資格取得などにおいて有意義になる事が多いわけですから、通う価値はあるでしょう。
様々な資格とか或いは受検資格として使えるものをゲットできるようになる場合もあるわけです。
学校の選び方としては補講を多くやってくれる、それに費用がかからない、と言う所にするとよいでしょう。
何故かといいますと昼間に働いているのであればどうしても夕方からの授業に間に合わないと言う事もあるのですから、そこに配慮して貰えるかどうかは大事であるからです。

建築設計関係でおすすめのサイト

建築設計を夜間に学ぶ


Copyright © 2018 建築学校を学ぶ all rights reserved.